むくみと飲み物【ウーロン茶】

むくみと飲み物【ウーロン茶】

ウーロン茶でむくみが悪化!?

ウーロン茶は、緑茶や紅茶と同じ茶葉を使った飲み物です。緑茶はお茶の葉をそのまま、紅茶は完全に発酵、ウーロン茶は半発酵という違いがあります。

ウーロン茶に含まれるウーロン茶重合ポリフェノールという成分は、脂肪の分解を助ける作用があるとされ、ダイエット目的でも飲まれることが多い飲み物です。最近では、大手飲料メーカーからトクホとして販売されています。

皆さんご存知なので、説明不要かもしれませんが、味はすっきりとしいて、中華や和食にもよく合います。

ウーロン茶のむくみへのメリット

ウーロン茶は、利尿作用があるお茶だとされています。確かに、ポリフェノールは血液をサラサラにして血液循環を促進してくれます。また、カフェインは、利尿作用をもたらし、身体の中の水分を排出することを助けてくれます。

しかし・・・それが単にむくみに効くかと言えば、効くとは言えません。
むしろ、悪影響があるくらいです。下をご覧ください。

ウーロン茶のむくみへのデメリット

ウーロン茶の場合ですと、むくみに対してははっきり言ってデメリットの方が大きいです。むしろ、メリットはないと言ってもいいんじゃないか?と言ってもいいと思います。

実は、ウーロン茶にはミネラルやビタミンがほとんど含まれていません。マテ茶ルイボスティーと比べると、悲惨なほど入っていないです。

一方でウーロン茶は利尿作用が強いので、尿はたくさん出ていきます。水分だけ出ていくなら、まぁ良いとしますが、尿はミネラルも一緒に排出します。ウーロン茶だけを飲み続けていくと、やがて体からミネラルがどんどんなくなり、結果的に体内の水分バランスがくずれてむくみが発生するでしょう。

また、カフェインも問題です。カフェインは血管を収縮するため、血の巡りを悪くし、代謝を低下させます。

ウーロン茶の利尿作用は確かにすばらしいです。確かに身体の水分を排出させることに役立ちます。しかし、むくみの改善にはなりません。なぜなら、むくみの原因は単に身体に余分な水分がたまっていることだけではないからです。問題はもっと複合的です。ナトリウムが過剰であるとか、血流が悪くめぐりが良くないとか、必要なビタミンが足りていないとか...それらの問題にウーロン茶は対処するどころか、悪化させる恐れだってあります。

むくみに効く飲み物

むくみに悪い飲み物

むくみと飲み物(お茶系)

むくみと飲み物(女子力系)

むくみと飲み物(果物系)

むくみと飲み物(野菜系)

むくみと飲み物(その他)

≫むくみと飲み物ブログ