むくみと飲み物【ココア】

むくみと飲み物【ココア】

ココアは、アオギリ科の植物カカオの木か採れるカカオ豆で作る飲み物です。カカオ豆を焙煎し、カカオバターを除いたものを粉状にしたのが通常よくみるココアです。牛乳などで溶かして飲みます。

ココアは健康効果が高いことでも知られていて、豊富に含まれる食物繊維から、便秘の改善に効くといわれています。ほかにも、カカオポリフェノールという抗酸化物質であったり、冷え性の改善や、リラックス効果があります。

ちなみに、ココアの飲むのであれば100%ココアのものがオススメです。砂糖が始めから入っているものや、水をいれてそのまま飲める(乳成分が含有してる)ものよりも、100%の方が実感としておいしいです。バンホーテンがおいしくてオススメ。

ココアのむくみへのメリット

ココアは、ミネラルが多い飲み物でもあります。むくみ解消に大切なカリウムは含んでいないものの、カルシウムや鉄分、マグネシウム、亜鉛などといったミネラルがバランスよく含まれています。これは細胞の代謝を高め、むくみに対してもよい影響を与えるでしょう。

また、上に書いた通り、ココアは冷え性にも効果があります。その理由は、ココアポリフェノールが毛細血管の血流を増進するからです。これは、身体のめぐりの悪さから来ているむくみにも効果的に働きます。身体の末端まで代謝が行き届くようになるでしょう。

ココアのむくみへのデメリット

ココアのむくみへのデメリットは、特にないと思います。ただ、注意点としてあげておくならば、ココアはカロリーが比較的高めな飲み物です。お茶コーヒーなどと比べると、カロリーは高いです。

牛乳180ml、砂糖4g、ココア4gでココアをつくった場合、157kcalになるそうです。だいたいおにぎり一個分でしょうか。かなり高いですね。牛乳が入っていることと、砂糖をいれることがカロリーの高い理由です。
また、糖分はむくみの敵です。砂糖は少なめにするのがおすすめです。

むくみに効く飲み物

むくみに悪い飲み物

むくみと飲み物(お茶系)

むくみと飲み物(女子力系)

むくみと飲み物(果物系)

むくみと飲み物(野菜系)

むくみと飲み物(その他)

≫むくみと飲み物ブログ