むくみと飲み物【甘酒】

むくみと飲み物【甘酒】

甘酒は、米こうじと米、もしくはお酒を醸造するときにでる酒粕を原料に作った日本の飲み物です。

酒と言いながらも、アルコールは微妙で、鍋でつくったりすると恐らくほとんど飛んでいます。

作り方によって甘酒には2種類ありますが、どちらも甘く、糖分が多く含まれています。
その他栄養分が、豊富なため、飲む点滴といわれています。(ビタミンやブドウ糖、アミノ酸などが、点滴とそっくりらしいです。)

ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
食物繊維
オリゴ糖
グルタミン
ブドウ糖

最近は冬に飲まれますが、江戸時代は夏の飲み物だったらしいですよ。

甘酒のむくみへのメリット

甘酒のむくみへのメリットは、正直見当たりません。
他のウェブ上のサイトを検索してみたところ、「甘酒でむくみ解消!」とタイトルを出していページを何件か見つけましたが、いずれも本文ではその内容や根拠も触れられていませんでした。

ミネラル分も含まれているとはいえ、微量です。ビタミン類が多く含まれていますが、むくみへの影響は少ないでしょう。

また、アミノ酸の補給がむくみへの解消につながることが考えられますが、水分の代謝を促すわけではないので、これも正直なところ効果は疑問です。

甘酒のむくみへのデメリット

甘酒のむくみへのデメリットは、糖分が多く含まれていることです。
これが甘酒の特徴ではあるのですが、糖分のとりすぎは、身体に水分を保持しつづけてしまう原因となります。

あくまで、飲み過ぎはむくみの原因になることがあるだけであって、甘酒を飲んだからと言ってすぐにむくみが悪化することにはなりません。

1日に1杯ほどであれば大丈夫でしょう。

むくみに効く飲み物

むくみに悪い飲み物

むくみと飲み物(お茶系)

むくみと飲み物(女子力系)

むくみと飲み物(果物系)

むくみと飲み物(野菜系)

むくみと飲み物(その他)

≫むくみと飲み物ブログ