むくみと飲み物【ジャスミン茶】

むくみと飲み物【ジャスミン茶】

ジャスミン茶は、中国茶のひとつで、花茶(ファチャ)と呼ばれています。かつては、ウーロン茶よりも多く日本に輸出されていたお茶なんだそうです。中国で昔から不老長寿の飲み物とされていました。ベースとなるお茶の葉に、ジャスミンの香りを吸わせて作ります。

特有のさわやかな香りで、リラックスもできますし、気分もよくなります。効果としては、「気分が前向きになって精神が安定する」「気分転換」と言うのが大きいそうです。他にも、ベースが緑茶なので脂肪分解や消化促進にもつながります。

ジャスミン茶のむくみへのメリット

ジャスミン茶のむくみへのメリットは、一番はリラックス効果でしょう。香りが強いものの、優しく爽やかな感じを味わえるのでリラックスができます。リラックスすることは、血管をひろげ血流を高めるため、代謝の改善に役に立ちます。

また、カフェインによる利尿作用もあります。水分や毒素の排出に働きます。

ジャスミン茶のむくみへのデメリット

上では、カフェインが入っていること利尿作用が高まると書きましたが、一方でカフェインが入っていることでリラックス効果が阻害され、代謝が落ちることも考えられます。ジャスミン茶の香りでリラックスはできるのですが、カフェインが交感神経を刺激されてしまいます。交感神経とは、言い換えれば、休む神経「副交感神経」に対して「戦う神経」です。

香りでリラックスする一方でカフェインで身体が”戦いモード”になるのが難しいところです。これらがどう作用するかは、体質や体調、環境に大きく左右されるでしょう。例えば、ストレスや忙しい生活、立ち仕事などが原因でむくみが出ている場合、ジャスミン茶は合わない可能性が高いです。

むくみに効く飲み物

むくみに悪い飲み物

むくみと飲み物(お茶系)

むくみと飲み物(女子力系)

むくみと飲み物(果物系)

むくみと飲み物(野菜系)

むくみと飲み物(その他)

≫むくみと飲み物ブログ