むくみと飲み物【緑茶】

むくみと飲み物【緑茶】

緑茶はむくみに一長一短

緑茶は、お茶の葉をウーロン茶や紅茶のようには発酵させず、抽出した飲み物です。
日本人にはもっとも慣れ親しんだ飲み物ではないでしょうか。別名、日本茶です。

効能はたくさん知られています。心臓病のリスクを低下させたり、緑茶のポリフェノール、カテキンでガンを防いだり、動脈硬化予防、肥満予防、抗酸化作用、虫歯予防、血圧降下、殺菌作用、などなど、あげればキリがないほどです。

昔から、季節関係なしに熱いお茶を日本人は楽しんできましたが、最近ではペットボトル入りの飲み物などで冷えた緑茶も飲まれています。飲むことで落ち着きや安らぎを感じる、という方も多いのではないでしょうか。日本民族の伝統飲み物といっていいかもしれません。

緑茶のむくみへのメリット

緑茶のむくみへのメリットを第一にならば、ポリフェノールであるカテキンでしょうか。
カテキンは、血管の壁の弾力性を高め、血流を改善させる効果があります。

その意味ではむくみへの貢献があると言えるでしょう。
しかし、ミネラル分が他の飲み物と比べると少ないため、あまり大きな効果は望めないかもしれません。

一方で、緑茶に含まれる「パントテン酸」というビタミンB群の一種は、とくに月経前症候群によるむくみに効果的であると言われています。月経の直前になるといつもむくんでしまうとお悩みの方は、以下のデメリットを考慮したとしても、緑茶を飲むことがベストかもしれません。

緑茶のむくみへのデメリット

緑茶のデメリットはやはりカフェインでしょう。カフェインはむくみを悪化させる大きな要因の一つで、コーヒーも紅茶も、マテ茶やウーロン茶もすべてカフェインが原因でおすすめできなくなっています。

また、むくみとはすこしズレますが、緑茶に含まれるタンニンは鉄分の吸収を阻害します。貧血気味の方にもお勧めできません。カフェインゼロの緑茶もないことはないので、試してみるのもよいかもしれませんが、そこまで緑茶にむくみを良くすると言う点で魅力はないと思います。

むくみに効く飲み物

むくみに悪い飲み物

むくみと飲み物(お茶系)

むくみと飲み物(女子力系)

むくみと飲み物(果物系)

むくみと飲み物(野菜系)

むくみと飲み物(その他)

≫むくみと飲み物ブログ