むくみと飲み物【グレープフルーツジュース】

むくみと飲み物【グレープフルーツジュース】

グレープフルーツジュースは、亜熱帯原産の、黄色くてきれいな柑橘系の果実です。
すっぱくて甘いのが特徴的ですが、健康効果も実は注目されています。

グレープフルーツに含まれる、舌をピリピリさせる成分”ナリンギン ”
ナリンギンはポリフェノールの一種で、抗酸化効果や抗アレルギー効果、それに加えて食欲抑制の効果があるため、グレープフルーツダイエットなるものもあります。

ちなみにグレープフルーツの由来は、グレープフルーツが木になるとき、ぶどう(グレープ)のように、一か所にまとまって数個が実ることからだそうです。豆知識です(笑)

グレープフルーツジュースのむくみへのメリット

グレープフルーツジュースのメリットはやはり、カリウムが多く含まれているということでしょう。
もちろん、果実をそのまま絞って作った「ストレート」のグレープフルーツジュースと、果実を絞った果汁から水分を飛ばして一度ペーストや粉末にし、その後水分を加えるという製法「濃縮還元」のグレープフルーツでは、カリウムの含有量は大きく変わります。もちろんストレートの方が多いでしょう。

グレープフルーツには、だいたい1個あたり、560gのカリウムが含まれています。カリウムナンバーワンフルーツのバナナ(1本あたり540g)と比べると、なかなかの含有量だと言うことがわかります。ただ、グレープフルーツの重さが1個400g、バナナは1本150gと考えると、やはりバナナの方が優秀ですね。

個人的にグレープフルーツをまるまる1個使ったグレープフルーツジュースを飲み続けるのはなかなか至難の業です。すっぱくて(>_<)

グレープフルーツジュースのむくみへのデメリット

ストレートのグレープフルーツを飲む限り、むくみや健康にたいしてのデメリットは見つかりません。
濃縮還元などパックで売られているものに関しては、調整されているはずなのでなんとも言えません。

生のグレープフルーツにはビタミンCもかなり豊富に含まれていますし、糖質も控えめなので優秀なフルーツだと思います。むくみを悪化させる心配はなさそうです。

ただし、薬を飲むときに一緒に摂取すると副作用を起こすという話もありますので、そこだけはご注意ください。

むくみに効く飲み物

むくみに悪い飲み物

むくみと飲み物(お茶系)

むくみと飲み物(女子力系)

むくみと飲み物(果物系)

むくみと飲み物(野菜系)

むくみと飲み物(その他)

≫むくみと飲み物ブログ