最近飲んだお茶のむくみレポート

| コメント(0)

お茶ってやっぱ最高です。ただの葉っぱのエキスをお湯で薄めて飲んでいるだけなんですけれど、本当においしいですよね。
むくみに効くお茶はあまり多くは無いけれど、いやむしろお茶はむくみに効かないことが多いけれど、ミネラルも豊富、ビタミンも入ってる。そしてポリフェノールで抗酸化作用もある!若返りと老化防止に効いて、ガンの予防にもなってしまう。いろいろと最高な効果があるのが魅力ですよね。

そんなわけで今回は、私が最近飲んだお茶のむくみレポートです。結構参考になると思います。



1、凍頂烏龍茶
→台湾に行ったあとに気になって楽天市場で買ったお茶。うまい。アミノ酸、グルタミン酸、という旨み成分が多いらしく、本 当に旨い。台湾特有の小さな茶杯で何杯でも飲めちゃう。最高。水色は薄い緑。渋みは1~3煎じ目ぐらいまであまり感じない。いずれにせよあまり長く蒸らす と渋みは出る。10秒蒸らしがいい感じ。
 次の日のむくみへの影響としては、朝からほとんど気にならなかった。特にふくらはぎはぜんぜんむくんで いなかった。運動不足もあってか、顔はむくみ気味だったかもしれない。考えられる理由としては、とにかく量を飲んでしまった。一日に800mlは飲んだ。 烏龍茶は凍頂烏龍茶に限らず、利尿作用が強いため、800mlを飲んだらそれと同等かそれ以上ぐらいの尿が出る。ミネラルが出て行ってしまうのでミネラル バランスが崩れ、結果的にむくんでしまったのかもしれない。おいしいのでむくみを気にせず飲んでしまったところが反省点か。しかしまた飲んでしまうだろ う。顔のむくみもあったが、それほどひどいというようなものではなかった。マッサージで取れるレベル。
 
2、自家製ミルクティー
→ 最近ミルクティーにはまっていて、自宅でも作るようになった。ミルクパン(食べるパンではないです。ミルクを温めるため専用のフライパンみたいなもの。ミ ニマリストからしたらなんだそれwってなりますよね。)にカップ1杯水入れて、強火で沸騰させたらアッサムを3~4g入れる。そのまま強火でボコボコに出 して3分間。アイスミルクティーなら、ティーストレーナーで茶葉をこしてカップに入れ、牛乳を入れて、氷とか入れて完成。本当なら冷めてから氷入れたほう がいいけど、面倒。また砂糖をいれるなら熱い紅茶の原液の中で溶かしてから牛乳注ぐ!
 次の日のむくみへの影響としては、まったく気にならなかっ たです。私はお腹が弱くて牛乳苦手ですが、なぜかミルクティーなら平気。アイスでもあまりお腹痛くならない。お腹痛くなるときもあるけど、体調が通常なら 大丈夫。カルシウムやカリウムが入っているので、むくみには悪くない。むしろ効果的だったかもしれない。一方で紅茶の濃さは半端じゃない。なんといっても 3分ボコボコ強火で煮出しているのだから、カフェイン、タンニンがこれでもかと言うほど抽出されているのだろう。その分も牛乳でマイルドにはなっている が、カフェインが多いのはむくみにとってマイナスポイントだったかもしれない。しかし、実際に飲んだ次の日を見て、以上も無くスッキリしていたので、牛乳 のカリウム効果と紅茶のカフェイン効果がぴったり相殺されていたのかもしれない。


とりあえず、レポートはこんな感じです。

コメントする