私が1年間で飲んだ飲み物とそのむくみへの影響

| コメント(0)

何ヶ月ぶりの更新だ?と思ったら...笑
なんと、前回のブログから11ヶ月も経っていました!!

やってしまった...
これは酷すぎですね!私はwebサイトの更新を趣味というか、日課にしているので大丈夫でしたが、
普通の人だったらこんな期間ブログ放置したら、ブログの存在ごと忘れますよ笑

まあ、ブログの存在を忘れていたから11ヶ月も経ってしまったわけなのですが...。
非常に申し訳ございませんでした。

本家のサイト(むくみに効く飲み物を検証!)のほうは、しっかりと更新していますよ。
古い情報を新しくしたり、追加の情報を補足したりしています。

画像がついていない殺風景な記事にもイメージ画像を追加してちょっと見た目をよくしました!
そんな感じで本家のサイトのほうはどんどん改良中です。

その傘下にあるこのブログも、これからはちゃんと更新していきますよ!
もちろん、メインはサイトのほうですが、ブログじゃないと伝えられないこともあると思うので。

サイトのほうだと飲み物の解説とむくみへの効果、作用の説明だけになって
ちょっと形式ばってしまっているのですが、このブログだとプライベートな話や砕けたこともいえますしね!


さて、この約1年間、私は何をしていたのかといいますと。
まあいろいろ飲み物飲みましたよ。

お茶が多いですね。アールグレイティーとか、ディカフェのアールグレイティーとか。
ベルガモット感じていました。

また台湾の烏龍茶にハマってしまいまして。実際に台湾に行ってお茶を飲んできました。
阿里山の高山茶、凍頂烏龍茶など。また台湾はミルクティーがすごくおいしいんですよ。

烏龍茶は当サイトでも紹介しています。むくみには悪い飲み物ですね。
良い烏龍茶は旨みがたくさん入っていてとても美味しいのですが、カフェインが入っていることと
無駄に強い利尿効果が残念です。今も私は烏龍茶を飲んでいるのですが、トイレの回数がすごいですね。

体の中の水分が入れ替わっているだけならいいのですが、必要なミネラルまで流れ出てしまうのはツライ!
その点、ミルクティーなら、カフェインなどのむくみ体質の人が避けたい成分が薄くなるので飲みやすいです。

ただ、せっかくミルクティーを飲むなら甘いほうがいいですよね。
そんな感じで砂糖を入れたミルクティーを飲んだら、それはそれで体のバランスが崩れてしまいます。

糖分は水分を保持する役割がありますからねぇ。料理をされる方ならわかると思うのですが、
砂糖を入れたら食材はしっとりします。

体も同じで、糖分のある飲み物を飲むと、たとえば足や顔など、むくんでほしくない体の部位に、水分が保持されやすくなってしまいます!!

今年はお茶以外にもお酒をよく飲みました。
飲み会などの場でもビールとか。缶チューハイも付き合いで飲まなければなりませんでした。

お付き合いだとどうしようもないですよね。アルコールはやはり、むくみにもよくないですが。
人付き合いの上で飲まないと気まずいなんてこともあるので、飲んでしまいました。

とか言いつつ、家でも一人で飲んでいましたが笑
赤ワインをたくさん飲みましたね。赤ワインについてはサイトのほうでも取り上げたことがあります。

赤ワインは、アルコールを抜きにして考えればむくみにとってよいことばかりの飲み物なんですよ!
ポリフェノール。ワインといえばポリフェノールですね。
そして、むくみにうれしいミネラル!排出に大切なカリウムが含まれているのが本当にナイスです。
ビタミンも入っていたりして。いろんな病気も防げる。血流もよくなって、体温もあがる!

私はあまり裕福なほうではないので笑、スーパーの千円以下のワインを飲んでいますが
保存料が気になりますね。酸化防止剤として亜硫酸塩が入っています!これ、むくみに悪そう!
亜硫酸塩はまさしくナトリウムの一種です。ミネラルですね。

ナトリウムは摂りたくなくても摂りすぎて全身のミネラルバランスを崩してしまいますからねー。
できれば避けたいです。しかし、亜硫酸塩が入っていないワインを手ごろな価格で入手することってできるのかな。
それでいて、味がいいワイン。庶民の休日を彩らしてくれる低価格美味無添加ワイン。

とはいえ、添加されている量はごく微量だそうです。
でも、亜硫酸塩は肝臓や呼吸器に病気を引き起こす恐れもあるそうなのでやっぱり怖いです。


そんな感じで、今回の記事では、これまで約1年間もこのブログを更新しなかったことに対する謝罪と
この1年間私がどんな飲み物を飲んだのかということと、
その飲み物のむくみへの影響をツラーっと書き連ねてみました。

ご覧いただいてありがとうございました。

次回は、きっと1ヶ月以内には更新するはずです!

コメントする